【m】ミニマリスト(途中)が部屋の模様替えをしたよ

模様替えというか、本棚を右から左に移動させただけだが。

部屋の中で自分が座る定位置があるが、そのすぐ近くに本棚があった。

そこにいろんなものを置いているので、配置換えをすると物を取るという点では便利度は下がるものの、騒ぐほど距離が離れているわけでもない。

どうしようもなく不便ならまた戻せばいいやん!

と思い立ったら即行動、勢いで本棚を動かした。

配置換えをしたら、こまめに掃除をしても行き届きづらかった本棚と壁の隙間の埃取りができるのは間違いない。

見出し(クリックで移動)

配置換えを終えて

本棚を移動したことで、定位置に居る自分の視線の先はぽーんと何もなくなった。

写真に写っていない範囲にL字型に本棚と布団が配置されているものの、自分の視界に物がないように見えるだけでも広々とした開放感がある。

しばらくすると慣れるのが惜しい。

部屋の中の物が本気でなくなるにはだいぶ先の話(本当になくなるものやら…)だが、〝何にもない部屋体験〟はできたように思う。

また、枕元の隣に本棚があったのが足元への移動となったので、

これはもしや寝るときに無意識に感じる圧迫感みたいなのがなくなってすっきり寝られるんじゃないだろうか…

と期待したが、今朝はごく普通に7時間半睡眠で目が覚めた。

22時に寝たら4時にスッキリ目覚めたぜヒャッハーー!

になると思っていたのだが…

昨日は久しぶりに運動をして疲れたので、いつも通りの睡眠時間で起きられたうえ、翌日に疲れを持ち越していないので、その分元気なのかもしれないが。

関連記事


【m】現在の部屋について再考

【m】ミニマリスト(途中)の部屋の経過 2015年5月時点
【m】 2015年8月 部屋の状況 部屋に出ているものが少なくなってきた