食事の少食化 いけそうと思ったり、ダメそうと思ったり

食事メニューを振り返ると、少食の少食化にあたりお米の量を減らしていた。

これが糖質制限みたいになって、怠くなっていたのだろうか?

http://gozenchu.com/【m】食事の少食化-9日目は一休み/

この記事を書いた日は、その前日にあまりにも疲労感が強かったため、一時的に食事量を増やした

スポンサーリンク

おととい

午前中はおかずの品数を四品から二品(+納豆)に減らし、その分お米の量を今まで通りに戻したら、結構いい感じに動けた。

その足で午後に久しぶりに鍼灸を受けたらすっかり元気になり、空腹でも怠さが全くもって出なかった。

夕方は時間つぶしに献血に行ったら「昼ご飯を食べずに血を抜くのは危ないですからね」とドーナツをいただいき、献血途中にカフェオレを飲んだ( ^ω^; )

夜には友人と食事で、ウインナーの盛り合わせとハンバーグをシェアして、肉汁の濃厚さにウェッ( ;´Д`)となって、サラダと蒸した芋の魅力にとりつかれていた。

昨日

朝食をご飯、味噌汁、サラダに変更し、ボリュームはしっかり。

昼は道場へ行き、組手のような瞬発力を要する練習を休みつつこなし、稽古の締めの筋トレまでなんとかなった。

疲れはしたが、運動不足のときと同じ感じ。

練習後に道場に置いてあった塩分補給用の飴を一個もらい、その後空腹感があったので、カフェで大好物のカフェオレを飲んだらそれで満足。

今までなら最低限パン一個は注文し、帰宅してからさらに食べるという流れだった。

帰宅してからも空腹感も辛くなかったし、あとはゴロゴロするだけだったので、夜はみかん一個、栄養パウダーと豆乳を混ぜたドリンク、果糖入りの生姜紅茶で過ごし、予定外の余裕の1日ほぼ1食ができた。

何が理由でだるかったり元気だったりするのか分かりづらい

鍼灸の施術後、お腹が空いた感じが出た.

しかし、が、怠くなることもなく、その日はトータルで10キロくらいは歩いて体調的にはかなり普通だった。

過去数日間の怠さの原因が低血糖100パーセントというより、胃炎後も引きずっていた体調不良の影響もしたのかもしれない。

休日なのか勤務日なのか、そして体調によって、1日1食〜2食にしてみようかしら、と思えた程度には体調が良かったよ!