【m】人生で本当に欲しいものはなんだろうか?

私たちは生きていると、いろんなものを欲しがる。

お金とか、素敵なパートナーとか、素敵な車や家とな、素敵なモノとか、旅行とか、いろんなものを手に入れようと頑張る。

その結果、どんどん所有物が増えていく。モノを手に入れることが幸せなんだと錯覚する。

けれど、本当はモノとかサービスといった表面的なものが欲しいのではない。

スポンサーリンク

本当に欲してるのは、もっとつっこんだ本質的なモノ

例えば

あぁ幸せ〜

豊かだな〜

穏やかだ…

みたいに、モノとかサービスとかを手にしたときに得られると思っている「感情」が欲しいんだよね。

「幸せな日々」「豊かな日々」「穏やかな日々」を感じるためのツールのひとつとして、みんなはモノやサービスを欲する。

何かを手に入れることで幸せになれると思っているうちは、手に入れても手に入れても、また欲しくなる。

モノやサービスがなくても、「幸せな日々」「豊かな日々」「穏やかな日々」を感じられヒトは、外側の付属品に左右されない。自分の内側から由来する「本当の豊かさ」を手に入れることができる。

私も、モノを持たなくなったときのほうが、モノに囲まれていた時よりも幸福感や豊かさ感じやすくなったし、自然と穏やかになった。

既に幸せ手に入れていて、既に足りているのだと気付くこと。幸せになるのはなく、幸せに気づくことが、「幸せな日々」「豊かな日々」「穏やかな日々」を送る秘訣だと体感できるミニマルライフ。

モノを持たない生活をやってみたらいい。モノを持ってなくても十分に幸せで豊かなのだと気付く良い手段。本当に欲してるモノの手に入れ方は、自分の気持ち次第なのだから。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

【m】無駄なく効率よく生きたほうが私には楽なんだ

前者後者ネタのブログを読んで、

めっちゃわかるわーとなってしまった言葉を元の記事より引用すると、
続きを読む