ブログ記事を1年間更新し続けることで変化した文章の書き方 6つ

祝!1周年\(^o^)/

継続は力なり! 午前中日記のブログ1周年です☆
ブログを書き始めても継続は難しい、なんて言われますが、たまにサボりつつ、当ブログはほぼ毎日更新することができました。

今回は、
ブログ記事を1年間更新し続けることで変化した文章の書き方を 6つ にまとめたので、そちらにかんして紹介します。

スポンサーリンク

ブログを書き続けて、文章の書き方はここが変わった!

SEO対策ができるようになってきた

タイトルは検索流入対策で大切だが、適当に決めないでひと調べしてタイトルを寝るようにし始めた。

タイトルはあらかじめ主張したいことをざっと書く
googlekey word plannerでワード別に検索数を下調べしたり、検索予測文字を見たりする。

同様の内容を扱う他サイトはどんなたいとるにしているのか調べる。

「要点を○個にまとめる」構成にする

長文記事を書く際にも必要だが、主張したいことを小さな要素に分けることで自分の主張を補強することができる。文章を区切ることで読みやすくなる。
最初に主張→理由○○個→最後にもう一度主張
が鉄板構成だ。

ちなみに主張したい理由はできるだけ3つにまとめるのが鉄板だぞ☆

主張を補強する要素が 複数ある場合は、文章を並べ替える

起承転結のように流れがある場合を除き、主張したい要素が複数ある場合は、長文→短文へと並べ替えます。

この一手間があることで、読者にとって読みやすくなります。

IMG_7358-0

主張・結論を先に持ってくる

「タイトルに主張」を書くように意識することができるようになった。

導入部分には「今日は○○について書きます」のように、何を言いたいのかできるだけ書くようにした。

主張したい内容を一旦書き出す

「見出し」にあたる部分だけ書き出すことで、全体を通して主張したいことが概観できます。書いてみたら、予想外に長文化したから記事を分けよう、なんてこともありあす。

この一手間で記事の作成効率がアップします。

長文がかけるようになった

ブログを書き始めた当初、記事の目標文字数は1000文字。当時はその文字数を書くことすら大変であったが、1年継続したことで、2000〜3000文字数をくらいの記事を書くことができるようになった。

いかがでしたか?

以上、ブログ記事を1年間更新し続けることで変化した文章の書き方 6つについて紹介しました。

最初から全部できませんでした。一つずつ、できるところから着実にこなしていきましょう。

継続は力なり。
塵も積もれば山となる。

継続したこの文章を書く技術は、今後の間違いなく役に立つ!

ということで、これからもどんどん読みやすくて引き込む文章の書き方に磨きをかけていきます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。記事を気に入ったらシェアしてください。