【m】収入が増えたからと生活水準をあげていたらいつまで経ってもお金が足りない

【m】収入が増えたからと生活水準をあげていたらいつまで経ってもお金が足りない

今よりもっと年収が増えたら、暮らしが楽になるのに。

そう思うヒトってきっと多い。

真面目に仕事していれば多少はあれど、ある程度は年収は増えるはず。

なのに、

数年前と比べて確実に年収が増えているのに貯金が増えない…

はたらけど
はたらけど猶わが生活(くらし)樂にならざり ぢつと手を見る

石川啄木『一握の砂』より

今も昔も、悩みは同じようなものか。


スポンサーリンク

生活水準を上げたら、出費が増える

お子さんが生まれたりして出費が増えるケースを除けば、年収が増えているのに貯金できない理由は、

「生活水準を上げるから」ということに他ならない。

例えば、

「収入が増えたから今までよりも質の良い食べ物を食べよう」

「収入が増えたから今までよりも上質でオシャレ♪な服を買おう」

「収入が増えたから普段使いの器もこだわろう」

「収入が増えたから今までよりも高い化粧品を使おう」

モノを買わなくたって

「○○に遊びに行こう」

「資格を取ろう」

とか、思っておもおかしくない。

私もそう思う!

けれど、そんな感じで生活水準がどんどん上がっていったんじゃ、いくらお給料が増えたっていつまで経っても「うちはお金がない」になるよね。

生活水準を上げるのは簡単、下げるのはツライ

前に、自分の勤め先で60代の女性が働いていたのだけど、このヒトが完全にTHE☆バブル世代で、

若かりし頃は月に80万円くらい稼いでいたらしいが、 この華やかな時代が忘れらないようで1LDKで家賃が高いエリアに一人で住んで「今の収入じゃ暮らしが大変」とぼやいていた。

上司が「もっと狭い部屋とか、家賃が安いエリアに住めばいいじゃないですか?」と至極真っ当なツッコミをいれたら、

「 田舎になんか住めるか」

「狭いところに住んでいたら息がつまる」

「広い部屋じゃないきゃ嫌。金が足りないからもっと給料よこせ(というのが元で辞めた)

「狭い家に住んで生活水準を下げるくらいなら故郷に帰る(故郷の妹さんから故郷に戻って来なよと言われてる)


「けど田舎はくそ」 → 振り出しに戻る

みたいな、

すがすがしいまでのバブル脳(笑)!

というヒトをリアルでお会いした。都市伝説ではなかった。

収入が増えてからの自分

食事

外食はあまり好きではないし(1人で知らないお店に行くのが嫌い) 酒飲みでもないし、美食でもないので外食は増えない。むしろ減っている

そして、健康第一! 医食同源 !

という信念なので、食べ物に関しては、調味料は食品添加物ゼロのもの(コスパがいいよね)、 月に数回オーガニック野菜を買う、みたいな感じ。基本的に最寄りのc○○pに買い物に行く。

基本的に納豆ご飯と味噌汁で満足する類なので、究極の納豆ご飯と味噌汁を追求するくらいのお金のかけ方である。

IMG_7660-0

服は、お金がなかった頃の方が物欲が強くて、ブランド物とか買いまくっていた。

収入が増えた今の方が、UNIQLO、GU、無印良品(たまにニッセン、しまむら)のプチプラ循環にはまっている。

プチプラといっても「高そうに見えて、きちんと感がある」のは選考基準として大切。

最近は下着、リュック、靴なども含めて完璧なまでにプチプラで全身コーディネートが決まっているぜ、ふふふ。

住まい

物を捨て始めてから、1DKの住まいが広く感じられるようになり1Kへ引っ越した。

住まいは職場からほんのり離れているので、通勤しやすさを優先して都心部に引っ越したいと検討中。1Rなら家賃も安いよね。ミニマルライフに興味がある分、狭いところに住むことにはむしろ好意的。

小さな住まいは家賃が安く、固定費が削減できるのは家計として大きい。このおかげで変に節約しなくて済むぞ。

根本的に免許を持っていないので一切考えていない。必要に迫られたら買う。

旅行

旅行は行きたい。モノより思い出!

といっても、絶対○○に行きたい、というものがないので、行かなくても良い。けど、体験はしたいよね → 振り出しに戻る

自己投資

本、セミナー、資格etc 機会があれば取り組みたい。お金を増やしたい人はこれは鉄板だよね。

鍼灸を受けて、健康に投資しているのは本気。

美容院

髪型の現状維持なら千円カットでもOK。

スタイルチェンジ、ヘアカラーやトリートメントなどするときは、使う材料にこだわっている個人経営の高級サロンに行くようにはなった。

今後の展望

現時点で、収入が増えているのに水準を下げている部分も。お金をかけるところ・かけないろころのメリハリが出てきた。

収入が落ちたら

それなりに基準をあわせていけると思っている 。食材はc○○pで買えばいい(自炊は必須) し、 服はプチプラでいいし、 髪は千円カットでいいし、セミナーやら旅行やら行かなくてもいい。本は図書館で借りたらいい。

鍼灸だけは「痛い、疲れた、具合悪い→テンション下がる→人間関係や仕事のパフォーマンスが悪化」 というのは嫌だな、と思うので、受ける回数を減らしても、ゼロにはしないとは思うの。

収入が上がったら

やりたいことを挙げればば色々あるが、絶対にこれをやる!というのはない。貯金しつつ、楽しみながら使うのは間違いないし、体験や自己投資に費やしたい。

身に付けるものは高級ブランド物にいく可能性もあるけど、 どうなるかな?
では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。