【m】ミニマリストは洗濯機を持つのか

以前、洗濯機には6年ほど持っていない期間があり、その代わりにバケツ型洗濯機で衣類の選択をおこなっていた。

脱水機能はついていなかったので、手絞り&重力脱水をやっていたが、寝具のような大物洗いの時だけはコインランドリーを使っていた。

ところが、引越し先周辺にコインランドリーがなかったため、洗濯機を購入した。

ちなみに、今の所と悩んだ住まいは1Rで、ミニ冷蔵庫付きで、住民共用の洗濯機が置かれており、それらを持たないなら絶好の物件であった。

今でもたまに手洗い

100円ショップで購入した小さな洗濯板を使って洗濯することはある。

洗濯板を使う前はその性能を信じていなかったが、使ってみると実は洗濯板と石鹸で汚れが簡単に素早く落ちる、

ちょっとした量なら洗面台で洗えてしまうので入浴のついでにちゃっちゃとできてしまう。

もしも持ち物にこだわるなら

野田琺瑯のタライと土佐龍のサクラの木製洗濯板とで洗い物をすると見た目がいいだろうな、と妄想する(実際、タライの置き場所が確保できないが)。


土佐龍ホンザクラ洗濯板 S(エコ/eco/節電/節水/手洗い/木製/高知ホンザクラ/天然木)


土佐龍ホンザクラ洗濯板 L


野田琺瑯 取手の付いた たらい 40cm 【02P30Nov14】

洗濯板が大きいとガンガン洗えるというレビューもあるが、だいたいファミリーの意見である。

一人暮らしなら

襟汚れでもこすった後はつけ置きで十分だろうから、小さな洗濯板で事足りるだろう。

洗濯板すらいらないと思う方もいるだろうが、布同士をこすり合わせて洗うと、生地が傷みやすいそうだ。

それに汚れが落ちないんだよね、不思議なことに。


ミニ 洗濯板 ホワイト【省エネ】【携帯】【RCP】

天然木製 ミニ両面洗濯板 日本製

木製の洗濯板と野田琺瑯のたらいとの組み合わせの見た目の美しさに惹かれ、ついつい買いたくなる罠。

野田琺瑯のタライなら、煮洗いや足湯もできるし、夏なら水に足をつけて涼をとることも可能か…と思いを馳せると、だんだん時代が逆行してきた。

どうやら持たない暮らしは昔の暮らしのようだ。      

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク