【m】ミニマリスト(途中)的 理想の鉄製フライパン とは

私は現在、ガスコンロにかけられる調理器具で調理している。

そこで使っているのは  

  •  シャトルシェフ 
  •  ホーローの小鍋 
  •  卵焼き用フライパン 
  •  鉄製の急須

 の4つ。

よく考えたら小鍋とフライパン、一つになるよね?

一人暮らしでちょっとした炒め物を作る際は卵焼き用フライパンで足りる。

少しでも量が増えるとたちどころにあふれてしまうが、2回に分けて調理すればいいだけで、大した手間にはならない。

しかもそんなに使わないし、使用頻度ナンバーワンはホーロー製小鍋である。

ガスコンロは1口だけなので、調理器具がいくつもあったところで同時に調理することもない。

そこでホーローの小鍋と卵焼き用フライパンを捨てて、新しく鉄製のフライパンでも買おうと検討中。

 フライパンといっても深型を選ぶことで汁物の調理も可能になる。

 ネットで「鉄 フライパン 深型」といったワードで調べてみると、 最小は直径18〜20センチがヒットする。

 あとは取っ手は木製などで熱くならないものがいいなぁ。

 我が家には電子レンジがないので、水を温めるなら急須を使うが、豆乳のような何かしら成分が含まれているものはホーローの小鍋で加熱している。

 鉄製のフライパンでちょっとした飲み物を加熱するというのは、重たいので大変だろうか?

鉄製の急須で豆乳とか加熱しちゃっても平気かな。 

中を洗うのがちょっと大変だけど…やってみないとわからない。 

  •  シャトルシェフ
  • 鉄製の深型フライパン
  •  鉄製の急須

 の3つになったら…素敵だね☆ 

急須はなくても良さそうだけど、ちょっとした心の潤おい担当です。