【m】ミニマリストはモノだけでなく、ヒト・情報も少なく

私たちにとって、三大時間泥棒は「ヒト」「モノ」「情報」です。

人との付き合い方、モノの持ち方・使い方、情報の集め方、関わり方を整理することによって、時間の浪費が減り、自分時間を格段に増やすことになるのです。

『人生が爽やかに変わる時間術』より

人付き合いが多い人は、それが悩みのタネになる

悩みの大半にヒトが絡んでいる。

友人・知人が少ないほど、悩みが少ないということにも通じる。

時間術にまつわる本や、何かを捨てることを推奨する本にはよく「無駄なヒト付き合い」を捨てろ、みたいなのは定石だ。

自分の場合はほとんど付き合いがないので、付き合いがあるときは気前良くお金を払って楽しく過ごすよう心がけている。

ただし飲み会の場合、参加するのは一次会のみあるいは二次会のみとしていて、愚痴とか説教とかネガティブな言葉を発するお決まりのヒトが参加している飲み会への参加は、まさしく無駄だと思っているのでパスしている。

モノに関しては、今まさに段捨離中

物を探す時間が格段に減ったので、これは時間を生み出す手段として有効だろう。

「モノの管理の時間」という点で見ると、革製品など所有することで時間がかかるものに入るだろうか。

一応、週に一度くらいはオイルを塗って潤いを革に与えることが長持ちの秘訣らしいが・・・そんなことまったく知らずに何年も所持していたバッグもあったw

現在、革製品はバッグ2つ、靴、財布、小銭入れと及んでおり、ケア用品も購入している。

革製品は水に塗らすのはよくないと一般的に言われるが、オイルを塗っていれば撥水できるという話を靴屋さんに聞いたことがある。

毎週毎週オイルを塗るようなマメなことはできないが、使うときにオイルを塗るようにしている。

スマートフォンは時間泥棒

昔はテレビを見るのが大好きだったが、テレビが壊れたのを期に買いなおすこともなく、情報の収集のメインはネットから、となっていた。

ここ2年ほどはラジオを取り入れ、このブログを書きつつ、ラジオを聴いている。

目はパソコン画面へ、耳はラジオへ。

このスタイルって便利だよね。

そして情報を入手する手段として自分が気をつけるべきはスマートフォン。

いつでもどこでもネットが見られ、おおよその情報が手軽に手に入るスマートフォンは大好きだ。

しかし、出勤前にしっかり確保できている自分の自由時間をスマートフォントでの動画視聴に費やしていた駄目な時期もあった。

スマートフォンでネットを使いすぎると速度制限されるプランなんか、自分にはかえってありがたい。

制限なしプランになったら、だらだらしていると思う。

本のような、それなりの情報量があるものは時間が取れるときに読んで、ウェブページの細切れの情報は隙間時間にチェックする、みたいなスタイルを決めてしまうといいかもしれないが、このあたりはまだ模索中。     

シェアする

フォローする


関連記事とスポンサーリンク